※このホームページは、http://www.kx777.com/のコピーです。最新の情報は東京のパソコン教室ケイエックスでご確認ください。



ITパスポート試験受験対策講座見出し
合同会社ケイエックスのパソコン教室のITパスポート試験受験対策講座
合同会社ケイエックスでは、ITパスポート試験などの受験対策をお教えしています。
集合研修やヘッドフォン自習方式ではないので、非常にわかり易いと評判です。
講師も国家資格を取得した専門家です。よその無資格アルバイトのインストラクターと比べてください。

合同会社ケイエックスのパソコン教室の講師兼オーナー
倉山伸次倉山伸次
長年、銀行や一部・二部上場企業の電算機システム開発に従事。国家資格やNTTの資格やマイクロ・ソフト認定資格も持つ有資格者。(大型電算機関係の国家資格、マイクロ・ソフトの MCAS や MOS や VBA などの資格を多数取得している。)
合同会社ケイエックスオーナーのひとりで、このパソコン教室の創設者。Access VBA講座、資格試験受験対策講座の担当者。
合同会社ケイエックス

倉山の本物のITパスポート試験合格証書


合格証書の例 写真は合同会社ケイエックスのオーナーで講師もしている倉山伸次の物。(情報処理技術者国家試験の類には昭和の時代から合格しています。)

ITパスポート試験受験対策講座


ITパスポート試験とは

情報処理技術者試験は、「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が、情報処理技術者としての「知識・技能」の水準がある程度以上であることを認定する国家試験です。(実施は「独立行政法人情報処理推進機構」)

とくに「ITパスポート試験」は、2009年度から実施されているIT入門者向けの新しい試験で、情報システムを利用する「エンドユーザ(利用者)」などITに関係するすべての人に活用いただける試験として実施しています。特定の製品やソフトウェアに関する試験ではなく、情報技術の背景として知るべき原理や基礎となる技能について、幅広い知識を総合的に評価しています。 以前からあるシステムエンジニア向きの高度な試験ではありませんが、IT技術者への登竜門として入門者や利用者にとって価値のあるものです。

試験科目は、IT技術を利用した企業経営戦略・システム戦略(ストラテジ系)、IT開発やサービス技術に関する管理方法(マネジメント系)、プログラミングやコンピューター装置などIT技術全般(テクノロジ系)の3分野です。過去に実施された試験での合格率は1回目72.9%と高かったものの、2回目は50.7%と下がっています。出題傾向も1回目は大半がIT用語の略語を知っているかを問う試験でしたが、2回目からはIT用語の意味と活用方法を問う試験に変わりました。

ITパスポート試験合格者の優位性(メリット)

企業では合格者に報奨金などをだしているところがあります。採用時にも考慮されます(出典:日経BP、社団法人情報サービス産業協会発行の「賃金データ」)。いくつかの国家資格試験の一部免除などもあります。

学校の入試などでも優遇される場合があります。

『ITパスポート試験』『基本情報技術者試験』『初級システムアドミニストレータ試験』が、厚生労働省が創設した『若年者就職基礎能力支援事業(“YES-プログラム”)』の資格試験として、認定されています。

ITパスポート試験受験対策講座

合同会社ケイエックスのパソコン教室では講師(合同会社ケイエックス創設者)自らが試験を実際に受け、合格しています。もともと、システム・エンジニアを長年していた、昭和の時代に情報技術者国家資格を既に取得しているITプロですので、受験の必要はないのですが、他人にお教えする以上、自分自身が合格していなければならないので、実際に受験し、合格しています。

合同会社ケイエックスのパソコン教室はソフト開発を手掛ける会社であり、企業のIT化のご相談を受けている会社です。

マンツーマン方式で、受講時間は30時間を見込んでいます。

費用は教材代や本人のデータ持ち運び用USBメモリー代込みで9万円です(10時間3万円ずつの分割可)。受講期間は4カ月以内30時間を予定しています(有料で延長可能)。

講座内容は、過去問題の解き方を中心に講義し、問題に出なかったものなどの講義も行います。口頭および資料、パソコンによる視覚化などを用います。

ITパスポート試験受験対策講座受講資格について

高校卒業以上の数学知識や一般常識をお持ちの方を対象としています。(成績優秀であれば中学生や高校生でもたぶん可です。)

  1. 高校卒業程度の数学、国語、英語、一般常識、などの知識がある方。
  2. 合同会社ケイエックスの実施する入学試験に合格した方。
詰め草 フィラー